Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未就学児の発達検査

この前の記事で、WISC-IVを受けさせたかったのに受けさせてもらえなかったと書きました。
が、実際のところWISC-IVは就学児向けで、未就学児にはWPPSIのほうだったと気づきました。
(mathkidさんのブログより)

あー、恥ずかしい。
サイコロジストは私のこの間違いに気づいていたのだろうか?
ちゃんとWISCとはWPPSIだとわかっていた上で、グリフィスにしたのだろうか?

でも、まだ小さいからIQをはかっても意味ない、って言っていたので、やっぱりあえてグリフィスにしたんだと思います。

グリフィス、日本人で知っている方がいたらびっくり!もののマイナーなテストです。
8歳までしか適用しないから、利用度が低いんだと思います。
検査用の小道具はさすがUK、という感じで、けっこうおしゃれにできていました。
(だからどうってことないのですが)


スポンサーサイト

知名度の低い発達検査

最近少しはおしゃべり(どちらかというと、ちょっとナマイキな言葉遣い)するようになったものの、LFの言語分野の発達が遅いのは明らかで、それで3月くらいからスピーチパソロジスト(SP)にかかり始めました。

この近辺では、未就学児が発達に関して問題がある場合、SPなど無料でサービスを受けることができます。
ただし、ウェイティングリスト(順番待ち)が非常に長く、数ヶ月待ちはザラ。

LFは今年の3月になって、やっと受けることができました。
SPでは英語と日本語(通訳さんが同席)と合計3回のアセスメントを受けました。
(このアセスメントの結果はまた後日)

そのアセスメントが始まってから、LFの行動に問題が目立ち始めたので、LLがかかっているサイコロジストにLFの発達検査をしてもらうことにしました。

行動の問題とは、言葉が出ないために、怒ったときなど「叫ぶ」そして「相手や対象物を攻撃する」ことです。

で、先々週から3回にわたって発達検査を受けてきました。
実際にLFが検査を受けたのは2回目のセッション(2時間弱)で、1回目は私との面談(1時間)、3回目は結果を聞くための面談(1時間弱)でした。

私としてはLFも自閉症かもしれないからWISC-IVをしてほしかったけど、「知能を見るのでなく発達を見るには、未就学児だし、こっちのほうが最適なんです」みたいな感じでまるめこまれ、通称「グリフィス」という検査を受けました。グーグルで検索してもほとんどヒットしない、英国系のもの。
6分野にわけて発達をみます。

検査にはパズルらしきものもあったけど、けっこうトリッキーでLFはうまくできず、せっかくの得意分野もAverage(年齢相当)で終わってしまい、結局イマイチな結果で終わりました。
つまり、6分野すべて平均より上のものはなく、言語発達にいたってはSignificantly Delayed(重度の遅れ)でした。

それで言語訓練を受けることは必須ということになり、公的サービスは順番待ちで半年以上かかるから、そこと提携している、隣接のスピーチセラピーセンターを紹介されました。

でも、どうせプライベートでかかるなら、LLがすでに行っているスピーチセラピーセンターにしようと思います。なんせ、家から近い。

このサイコロジーセンターはいちおうこの地域では名が通っていて選びました。でも家から有料ルートで15分くらいかかるし、混雑時は30分くらい余裕でかかるので、もっと近所の別のところに変えようかと思っています。なんせLLとサイコロジストの相性もよくない感じだし。。。

検査は私がLFに受けてさせたほうがいいと思ってで自主的に受けたので健康保険は適用せず、自費900ドルかかりました。検査を申し込む前にいくらか尋ねなかった自分も悪いけど、3回きてもらいます、しか言われず、そのときに金額も言ってほしかったな。そういう意味でもちょっとここは問題アリかな。そういえば、初来院のときにいろいろと書類をかかされて、「私が責任持って代金を払います」という誓約書をかかされたっけ。キャンセル料も48時間前きると発生するし。まぁどこも似たり寄ったりなのかもしれないけど、目の当たりにするときついものがあります。

サイコロジストとまた違うのかもしれませんが、LLが通っているスピーチセラピーセンター(セラピスト)は割と良心的で、2回ほど予約を忘れてしまったときでも規定のキャンセル料をチャージされませんでした。前日確認されてないからかな。

気になっていた自閉症についても、ちょっとその傾向はあるかもしれないとレポートに書いてあり、LFもLLがかかっている小児科医にかかることになりそうです。。。

個性が出てきた

このブログではLLの陰に隠れているLFですが、彼もまた個性的です。

得意技:ジグゾーパズル
魚というか、海の生き物が好きと言うだけあって、パズルもイルカのものが多いです。

郵便局で10ドルで売っていたパズルの本。すごいお買い得でした。
1117_Dolphins.jpg


5種類のイルカの群れが、5種類のA4サイズのパズルになってます。
ひとつのピースがだいたい2.5センチ四方で48ピース。

できちゃいます。

チャレンジャーなので、できるまでやっちゃいます。5種類連続で。

正直、私と同じようなタイプで、好奇心旺盛、負けず嫌いって感じ?
比べちゃいけないだろうけど、LLと同じように超個性的でありつつも、LF、やっぱり私と同じタイプだとわかりやすいし、付き合いやすいです。。。


こういうことが得意な一方で、LFは最近まであまり話ができませんでした。
聞くことはできてて、相手の言ってることもわかってて、でも自分から話さず、という状態が長く続いていました。

最近、急によくおしゃべりするようになりました。(日本語)
それがまた、「〇〇でしょ~?」とか、「ね、〇〇だから」とか、なんかナマイキ。
いまだにカキクケコはタチツテトになるけれど。

日本人の先生がいる保育幼稚園(以下、幼稚園)に行き始めたからでしょうか?

それでもまだ言葉がでなくて行動が先、ということもあるらしく、幼稚園でおともだちを突き飛ばしちゃったりするらしい。
なので、先生には「いつでも発達検査受けるつもりでいますので、ちょっとでも問題を感じたらすぐいってください」とお願いしてあります。


LFは生まれつき、すごく空気が読める子(LLはそれほどでも)なのでASDではないと思うんだけど、爪噛みもすごいし、歯軋りもすごいし、問題があるなら早めに取り組みたい。

というか、↑、すでに問題か?

スイミングレッスン

最近のLFは、スイミングレッスンを楽しみにしています。

インストラクターの名前は Andrew。
彼の中ではスイミングまたはプール=Andrew。

おとといくらいから「今日、Andrew?」と聞いてくるので、
今日じゃないよ、火曜日だよ、と答えておいた。
月曜はスイミングパンツをはいて幼稚園に行きました。
(途中で着替えさせてもらったけど)


このところ犬かきもできるようになって、
自分でも「泳いでいる」という感覚がもてるようになったらしい。
動きから察するに、彼は腕を回して泳ぎたいみたいなんだけど、
とりあえずは犬かきができないとね。

今日のレッスンでは足もバタバタさせて、ちょっと前に進むようになりました。
同時に10秒くらいは顔をつけたままでいられるようになったって感じで、
泳げるようになっていくと、そりゃぁ楽しいだろうね。

レッスンを受けている近所のインドア・プールでは、
5歳未満は親も同伴でプールに入らないといけないので、
彼が行くときは私も入らないといけないのでちょっと面倒。
レッスン前には彼一人でフリースペースで泳がせていたけど、
もうはしゃいじゃって大変。どんどん深めのほうへ・・・
一人で背が立たないところに行かないでほしい。

それにしても、去年の12月は水に顔をつけられなくて
けっこう嫌がっていたのに、すごい進歩。
スイミングが楽しくなってよかったね♪

☆。・:"O*o。.☆:*・o.☆。・:"O*o。.☆:*・o.☆。・:"O*o。.☆:*・o.☆

レッスンの後は買い物に。
今日は八百屋に行き、そのあと隣の魚屋に久しぶりに寄ってみました。

LFは泳ぐ魚も好きだけど、魚屋さんも大好き。

今日は大きなタイも並んでて、「おおき~い!!」って感動していた。
そのとなりにキスがあって、彼はそれくらいのがお好み。

LFの分だけ、4尾買いました。
20センチ弱の小ささなのに、頭とウロコと内臓をとってくれました。

ウチにはガスコンロがなく、電気プレートの調理台なので、
魚は小林製薬のレンジで魚が焼けるというのを使っています。
かなり重宝しています。

本当は魚を彼の夕飯にしようと思ったけど、さっそくおやつに。
白ご飯と一緒に、すぐに2尾たいらげてしまいました。

でもまぁ、LLは魚大っ嫌いなので、彼がいないときのほうが
ゆっくりおいしく食べれるからいいかな。

Extra

プロフィール

わらた

Author:わらた
ラヴレゴ君&ファミリー
ラヴレゴ君::2002年4月、大阪生まれ。11ヶ月でオーストラリアへ。頭の中はいつもLEGOだらけ。部品を見たらどのプロダクトかわかるほど。コレクション数も多いけれども創作もすごい。算数に強い。
小さいときから超個性的でしたが、それが生きる上で問題になり始めた7歳半、ADHD+ODD,のち、ASDと診断され、治療を開始しようというところです。
2010年1月から小学校3年生(NSW州)。

わらた::ラヴレゴ君の母。わけあって一人で子育てしている、ワーキングマザーです。

ラヴフィッシュ君::2006年6月、豪州NSW生まれ。ラヴレゴ君の弟。魚(見るのも食べるのも)と機関車トーマスが大好きで、ジグゾーパズルが得意。とってもおちゃめな3歳児。

ダディ::ラヴレゴ君の父。元主夫。やんちゃな子ども達から離れて、只今きままなシングルライフ満喫中。

埼玉のおばあちゃん::ラヴレゴ君の祖母。1年に2回以上、ひとりでオーストラリアに来てくれます。

我が家のおススメ

Lovelegoまたは私のハートをつかんだおススメたちです。
☆LEGO Agents Aerial Defence Unit エージェント 空中防衛ユニット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。